flowbar

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
慟哭
地下鉄サリンの人たちが今年こんなにわらわらと捕まるとは思わなかったなと思いつつ。 この日のことはとてもよく覚えているので、だからなのか やっぱり生きていて得体の知れなさに驚かされたから なのか、たまたまそこにいたら自分もそうなっていたのかもと思うかららなのか。 サリン事件についてはいろいろ読んだり見たりしてしまいます。 これは林郁夫の裁判の話。 彼が医者だったことくらいしか記憶にはなかったけれど。 最終的に彼がいろんなことを語って少しはあの世界が世の中に見えるようになってたんだなと この本で知りました。 でもやっぱりなにを見てもわからないのは なんであんな男を信じたのか。 これについてはいまだに一回もわからん。
| | 00:24 | comments(0) | -
砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない
そもそもこの本を手にとったのは、アメトーークの読書芸人にて。 又吉とたしか若林の多分両方にあった記憶で。 変なタイトルだけど、この二人が読むのか?と思って読んでみることにしたんだった。 記憶違いだったらすみません。でもこのときのメモに残ってたのはほんと。 で。お話は。 田舎に暮らす主人公のもとにちょっと変わり者風の美少女転校生が訪れる。 わけがわからんことばかり言うけど、少しずつ彼女の事情がわかってくる。。で。。 っというここだけ書くと青春小説なだけ、なんだけど。意外にもしてやられた。 なんていうか、その主人公たちの「今の年齢だから苦しいこと」というのがもう痛いほどにわかる。 もう少し年をとればケッって思えるのにその只中に居るときの苦しさ。 そして助けようとする大人の存在。 自分も、「できれば助けれる大人」になりたいと思っているんだってことを思い出したりもして。 読んだ後、決して爽快になれる本ではないけれど、この方はこれが初めて売れた本なんですってね。 それがわかる気がする本でした。 なんていうか私にとっては大人の立ち位置を確認するような本でした。 この本を読んだ数日後に、http://matome.naver.jp/odai/2134915516272423401 このニュースを知って泣きながら会社にいったよ。
| | 00:18 | comments(0) | -
奇跡
評価:
---
バンダイビジュアル
¥ 2,981
(2011-11-09)

おー。すごい久しぶりのこちらの更新。 奇跡 みました。 来月、九州新幹線に乗るので!! 乗る前にみとこうかと思って。 もう、序盤からなんかこううっとくる。 親の離婚で離れ離れになる兄弟。 親はこどもはまだなんもわかってないからーとかいうけど、いやいや意外と考えている。 子供が居る子と話してて そうか!と思うのは 子供が例えば小学生高学年とかになってもさ。 小さい子供なんだよね。小さいころのままなんだよね。おかあさんの感覚って。 ってことをねえ。感じるの。 で、たぶん自分がその年頃にどうだったかってことに割りと思い及ばないんだなぁと。 まぁそれだけ子育てが大変だということだと思うんだけども。 子供を生まないで同じ時間を生きるとねえ。 いやいや考えとったぞ、てことを忘れないわけですよ。 それだからなのかわからないけれど、もうこういう小学生とかを見るといじらしくてさ! あんたなりにちゃんと気遣ってるのにねえ!とか思ってもうそれだけで泣けてくる。おばーちゃん化加速。 話がずれましたが。 まぁでもとにかくまえだまえだがかわいい。 で、じわじわ大人のひとたちのこともじわんときたりしつつ。 たぶん、是枝監督の映画の世界が好きなんだろうなぁ。お話の持っていきかたとかが 私はとても合うんだろうな。 ワンダフルライフも号泣したしな。。誰も知らないも。。 他の映画も見たいものです。 奇跡 オススメです。 たぶん数年後にまた見ると思います。
| 映画 | 00:08 | comments(0) | -
毎日かあさん

 みたかったんだよーー。ありがとうWOWWOW様


下世話でしょうが、元夫婦ってどんな感じなんだろーねー。
キョンキョンはなんかすっごい突き放して考えてるような気がするんだけど。
ま、でなきゃ誘えないわな。
なんか映画の裏に「こうしてたら続いていけてたんだろうなぁと今はわかるんだけどね」というのが
見える気がしたよ。
まぁわかったからといって戻るわけではないんだろうけどね。

| 映画 | 00:09 | comments(0) | -
プリンセストヨトミ
 ふふ。おもしろかった。
この人の本を読むたびに、この人の頭のなかはいったいどうなってるんだろう?と思う。

脈々と自分のなかに流れついであるもの のお話なんだけど。
うん。荒唐無稽だけど ぐっとくる。
ただただシンプルに、「親と語る時間について」うーん。あまりかくとネタバレになるのであれですが。
切ないわ。
映画もみたくなりました!
| | 00:05 | comments(0) | -
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
flowbarを登録 by BlogPeople
SPONSORED LINKS
PROFILE